子宮・乳がん検診

  1. ホーム
  2. 東京本部
  3. 高井戸東健診クリニック
  4. 子宮・乳がん検診

生活の節目に乳がん検診・子宮頸がん検診の受診を推奨

施設2階に「女性のためのがん検診フロア」を設け、乳がん検診・子宮がん検診などを提供し、女性の健康サポートに取り組んでいます。 乳がんや子宮がんは女性の部位別がん罹患数の上位であり、発症年齢の若年化も指摘されています。出産を控えている世代や仕事中心の生活を送っている世代の罹患が多く、そうした人たちの健康を守っていくことを大切に考えています。もし乳がんや子宮がんが見つかっても、それが早期発見であれば、ダメージが少ない治療で済み、短い療養期間で後遺症も残らず、仕事への復帰もスムーズになります。子宮頸がんの検診は、20歳以降を目安に推奨されており、結婚や妊娠を考えるなど、生活の節目に受診するのには良い検診だと考えています。乳がん検診も30代でも罹患している人がいるため、若年層にも受けていただきたいと思っています。

女性のためのがん検診フロアのこだわり

女性向けの検査コースを数多く設定

2つ以上の検査を受診し、ダブルチェックをしていくことが大事

「基本子宮・乳がん検診」や「総合子宮・乳がん検診」、「子宮・乳がん検診特別コース」をはじめ、女性に向けた検査コースを数多く設定しています。 乳がんの検査では、年齢や乳腺のタイプによって検査の選び方も変わり、当院が検査コースを数多く設定しているのは、年齢や体質、気になる疾患リスクなどに応じて一人ひとりに合った検査を提供できるようにするためです。また、二つ以上の検査を受診し、ダブルチェックをしていくことが大事です。たとえば子宮頸がんの検査ならば、子宮頚部の細胞診とコルスポスコープあるいは、子宮頚部の細胞診とハイリスクHPVのチェック、子宮体がんの検査ならば子宮内膜細胞診に加え超音波を行い内膜像も見るなどが大切だと考えています。

定期的にがん検診を実施している人に向けた「基本子宮・乳がん検診」

当院が検査コースに設定する「基本子宮・乳がん検診」は、乳腺科検査として「視触診」と「乳腺エコーまたはマンモグラフィ」を、婦人科検査として「内診」と「子宮頸部細胞診」を実施しています。これは、定期的にがん検診を実施している人に向けた検査コースです。 初回は子宮・乳がん検診特別コースや総合子宮・乳がん検診を受診されることをおすすめします。

初めて受診する人に推奨している「総合子宮・乳がん検診」

「基本子宮・乳がん検診」の検査項目を充実し、より総合的にチェック

「総合子宮・乳がん検診」は、「基本子宮・乳がん検診」の検査項目を充実させ、より総合的に子宮がん・乳がんの検診を行うコースで、子宮がん・乳がんの検診を初めて受診する人に推奨しています。 また「総合子宮・乳がん検診」には「高リスクHPV検査」や「婦人科超音波検査」を設定しています。「高リスクHPV検査」は子宮頸がんの主要因であるヒトパピローマウイルス(HPV)感染をチェックして子宮頸がんのリスクを判断、「婦人科超音波」は、腟内から超音波を発して子宮や卵巣の状態を観察し、子宮体がんや子宮筋腫、卵巣がん、卵巣嚢腫の疑いがないかを調べます。

コルポスコープなどを追加した「子宮・乳がん検診プレミアムコース」

「子宮・乳がん検診プレミアムコース」は「総合子宮・乳がん検診」に、「コルポスコープ(子宮頸部拡大鏡)」「子宮内膜細胞診」「各種腫瘍マーカー」を追加した、より充実した内容の検査コースです。「コルポスコープ」は、子宮頸部や膣を拡大観察する検査で、肉眼での観察が困難な病変の発見に有用で、「子宮内膜細胞診」は子宮内膜の細胞を採取・観察し、子宮体がんをチェックします。 腫瘍マーカー検査については「SCC」が子宮頚がん・卵巣がんの一部、「CEA」は胃がん・大腸がんなど消化器系の検査でも行われますが、ここでは子宮がん・卵巣がん、「CA125」は卵巣がん・子宮体がん・子宮筋腫、「CA19-9」は卵巣嚢腫、「AFP」は卵巣がん、「CA15-3」は乳がんで上昇することがあるマーカーです。

女性が気兼ねなく、リラックスして検査に臨める環境

画像検査の読影はダブルチェック体制を採用

高井戸東健診クリニックは、マンモグラフィのダブルチェックを行っています。結果報告については、2~3週間後に郵送しています。ただし、一読目に明らかな異常所見があれば、第二読影医の結果を待たず、すぐに精密検査の予定を入れる場合もあります。当院は精密検査も実施しています。 なお、2名の読影医の判定が異なる場合は、さらにもう1名の医師が読影を行います。

女性医師・女性技師・女性スタッフが対応します

当院の「女性のためのがん検診フロア」で行う検査コースは、原則女性医師・女性技師が対応し、これは、より多くの女性に受診機会を提供するための取り組みのひとつです。「女性が気兼ねなく、リラックスして検査に臨める環境」を目指しています。(ただし、診療医やスタッフの急な休みなどにより男性が対応する場合はご了承ください)

医師・スタッフ

所長:市毛 敬子先生

経歴
  • 1981年 東京慈恵会医科大学 卒業
  • 1988年 東京慈恵会医科大学大学院 修了(医学博士)
  • 1981年 東京慈恵会医科大学産婦人科および関連病院 勤務
  • 1988年~1990年 ハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所に留学
  • 1991年 東京慈恵会医科大学産婦人科 勤務
  • 1992年~1994年 ハーバード大学ダナ・ファーバー癌研究所に留学
  • 1995年~2005年 東京都がん検診センター(旧名:多摩がん検診センター)勤務、医長、東京慈恵会医科大学産婦人科講師
  • 2006年 高井戸東健診クリニック 勤務開始
資格
  • 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医

お問い合せ先

ご予約
03-3331-6823
受付時間 平日9:00~17:00
ご予約
03-3331-6823
平日 9:00~17:00

Web予約