作業環境測定

  1. ホーム
  2. 東京本部
  3. 法人ご担当者様へ
  4. 作業環境測定

労働安全衛生法65条等により、有害物質を扱っている事業主は作業環境測定の実施、結果の評価、及び評価に基づく措置が義務付けられています。当財団では各種の法を遵守した測定を行い、精度の高い測定データをユーザー様にご提供します。改善すべき作業環境であった場合は職場改善案を提示し、 良好な職場の環境創りを応援します。

作業環境測定の流れ

有害物質に対する法規制(安衛法65条、施行令21条等)に従って行います。

  1. 測定の目的

    実態の把握・作業者の健康障害防止が目的です。

  2. デザイン

    有害物質使用の現場において、発散源・拡散範囲・作業者行動範囲等を参考にして図面作成(デザイン)、実施費用をお見積します。

  3. サンプリング

    図面に合わせて、有害物質の発散源・拡散範囲・作業者行動範囲等を観察しながら有害物質の採取(サンプリング)を行います。

  4. 分析・解析

    採取物の分析・解析を行います。

  5. 評価・報告

    評価基準に従い、作業環境の管理区分(改善の要/不要)を報告いたします。

  6. 対策

    評価が第2・第3管理区分となる作業場への改善対策等アドバイスをいたします。

作業環境測定を行うべき作業場とは

  1. 土石、岩石、金属、鉱物又は炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場
  2. 特定化学物質(第1類、第2類物質)を製造し、又は取り扱う屋内作業場
  3. 一定の鉛業務を行う屋内作業場
  4. 有機溶剤(第1種、第2種)を製造し、又は取扱う業務を行う屋内作業場

お問い合わせ先

電話
03-3331-2251
担当 作業環境測定課受付時間 平日9:00~17:00
お問い合わせ
03-3331-2251
平日 9:00~17:00